不安症、恐怖症のセッションが続いております~感覚が導く~

こんにちは!久しぶりの更新となりました。

この間、ハートサークルのセラピストとして、南三陸・登米(18日~20日)、いわき市(26日)での講習会、体験会に参加、また癌治療を受けられた女性の方がた・家族を亡くされた方がたへのEFTをご紹介する会などを開いておりました。

さて、最近は、不安症、恐怖症関連のセッションが続いています。
・冷たい強風、あるいは熱風にあたることへの恐怖、
・対人恐怖 ・一人になることへの不安、死への恐怖
・乗物恐怖

で、どれもやっぱり、体の感覚が、うーんと深いところに連れていってくれます。
深いところというのは、潜在意識にある声が出てくるとか、記憶がでてきて、その記憶の中での思いや感情(これももちろん潜在意識の中にあるものです。マトリックスリインプリンティングでは「ローカルフィールドにある」という言い方をしますが)が出てくる、ということです。そしてこれらは、傷ついたままになって、今現在の私たちの人生にも影響を与えている声や思いでもありますね。

風にあたるとイメージして出てくる感覚、周りの視線(が言っているように思えること)から感じる感覚、また、乗物恐怖といっても、怖さを感じる状況というのが人それぞれで(私のタイプとも全然違っている!)、その瞬間をよく捉えて感覚を引き出します。

「体の感覚を感じる」というのは、今体験、体感していることなので、限りなく思考活動から離れさせてくれて、心の声を聴くのに絶好のいいツールになるのです。心の声を聴く扉のような感じですかね。普段私たち扉があることも忘れてますからね^^

でも体の感覚という「扉」があることに気づいて、扉の開け方が分かり始めると、どんどん自分の声が聴けるようになります。本当に体の感覚ってすごい!

さて、乗り物恐怖の方の場合は、マトリックスリインプリンティングを使ったセッションになりましたが、最後は、お父さんに抱っこされてしっかり支えられながらも、自分の体の中ですごーく動きたがっているエネルギッシュな感覚を味わって終わりになりました。

終わってからのテスティングで、電車の場面をイメージしてもらうと、「怖い」とか「胸のあたりのつまった感じ」はなくなっていました。セッションの帰りの電車も大丈夫だったそうですよ。

また、この方の場合、もともと恐怖、不安を感じる瞬間というのは、「動いていたものが止まる(止まっている、止められる)」という状態でした。
と、こう書いていて、最後に感じた動きたがっているエネルギーと、それを動かすことへの不安との拮抗も、もしかすると関係があるかな?と今思っています。

最後に感じた、「動きたい!」というエネルギッシュな声、感覚をちゃんと表出、表現してあげることをやっていく中で、もし、何かいやな感じ、不安定さがでてきたら、その感覚をまた追っていくことで、上記の関係も明らかになるでしょう。そうしながら統合が進んでいきます。

さっ、今どんな感覚を体で感じますか?
・上司に言われた言葉を思い出すと、どこか反応しますか?
・SNSの誰かの投稿を見て、体で何か感じる部分がありますか?
などなど 呼吸をしながらちょっと探ってみてくださいね。
その感覚が、気づいてあげることによって、ちゃんと喜んでくれて、普段全然思ってもみないところに連れていってくれますよ。
新たな自分の声を発見できます♡

私は、明日からの3日間は、JMET認定EFTコースのアシスタントをしてまいります。
みなさんもよい3連休をお過ごしください!

✿11月15日、16日で、「インテグレイテッド心理学基礎講座」開催します。
まだまだ参加受付中です!
「なーんか、生きづらいな」、「もっとラクに生きたいな」と思っている方、心のしくみを知るとすごく楽になれますよ。
ご参加お待ちしております。

✿ハートサークルの次の開催は、釜石市にて、11月8日~10日です。(https://www.facebook.com/events/299837063533872/
必要な方の元に届いて、多くの解放が起きますように!

 

ブログランキングに参加しています。クリックお願いします!

メンタルヘルス ブログランキングへ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

癌の治療を受けられた女性、ご家族を亡くされた方がたへのEFT体験会(10/25) 


No Replies to "不安症、恐怖症のセッションが続いております~感覚が導く~"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.