パニック障害の症状へのアプローチ&おまけもついてきます!

こんにちは!

イギリスはイースター休暇に入っています。明日はお店が閉まるので、今日は朝からスーパーも混んでいました。

7日のフライトで日本に向かいますが、出発まで、対面セッションを希望される方へのセッションを頑張っています。

今日は、発作、予期不安などの、いわゆるパニック障害の症状へのアプローチ&プロセスについて、一つケースを使いながら、簡単にご紹介します。(掲載にはご了承を得ています)

約4か月前にパニック発作を経験されて、その後、「死んでしまうんじゃないか」、「このままよくならないのではないか」という不安を持たれてセッションにいらしたクライアントさんと継続してセッションを行っています(これまでに、2回受けてくださっています)。

昨日は、その方からメールが入っていました。

直近のセッションは、1週間前でした。

1回目のセッションでは、その時点で直近に起きた発作の時に感じた、感情や思いについてマトリックスリインプリンティング(MR)を行いました。そして、1週間前のセッションでは、1番最初の発作の状況に対して(この1番最初の発作ですが、様々なストレス(詳細は避けます)の中で急に経験したことのない発作に襲われて「怖い」、「不安だ」、「どうしよう」といった様々な感情を体験されていました)、それをMRで解放しました。

さて、昨日入ったメールの話に戻ります。

メールには、「また現実感のない感じになって、夜にパニックになりました」と。

むむむ、取りこぼしがあったかな、とも思いましたが、MRやEFTは潜在意識に働きかけるワークなので、今まで押し込めていた感覚が出てきているということも考えられます。ひとつ下の階層の思いや感覚が次にでてくる、という感じです。

なので、やっていくことは、出てきたものに対して、解放をしていく、ということを繰り返すだけです。(このクライアントさんの場合、この発作に関しては、この「現実感のない感じ」によって、ご本人にとってどんな感情や感覚を生み出すのかを特定して、EFTで解放していく)

特に発作がでた時点で、それを放置せずに、発作時に感じた感覚や感情を解放すれば、次の別の不安(思考は様々なイメージを膨らませますので)を生みだしません。つまり予期不安への連鎖、不安が不安を生む雪だるま作戦を断ってくれます。

 

さて、さらに話をちょっと進めて、、、そもそも発作は何で起こるんでしょう?

私の場合は、すごーくストレスを抱えていました。仕事でも、人間関係でも。

でもこれではまだ大雑把です。なぜストレスとなっていたかです。

ここが、「根本的な解決」としてセッションで見ていく部分です。だって、これが発作のトリガーなのですから。

このクライアントさんの場合は、最初の発作を経験する前に、ショックなことを体験され、それをなんとか別のことで紛らわそうとされていた時に、最初の発作を体験されました。

なので、この「ショックな体験」を癒していくのが、「根本的な解決」への道ということになります。(なんで「ショック」だったのか(「ショック」と解釈したのか)を、探っていきます。これらは、潜在意識にあります)

今、このクライアントさんは、予期不安の解消や、これまでに経験された発作を一つ一つ解放していく、ということに取り組んでいらっしゃいますが、このプロセスは、自然とこの根本解決=トリガーとなっていた原因の解放へ進んでいきます。

というわけで、かなり構造的なんです。

ちなみに、このクライアントさん、40代半ばの私からみれば、「今風の若者」。

そして、今いろいろ取り組んでいらっしゃいますが、「自分が今まで全く知らなかったり、興味がなかった世界が、急に開けた感じでびっくり」と。

これは、呼吸に意識をされるようになったり、それをさらに実践しようと瞑想のコースなどにも通い始められたことをおっしゃっているのですが、これはまぁ、症状を克服するのについてくる、「おまけ」みたいなものなんですけど。

でもね、自分自身の中に起こっていることへ眼が向き始める、そしてそれを探求し始める、それがひいては、自分を大切にすることにつながっている、という意味では、「おまけ」に留まらず、大きな「ギフト」でもあるんですよね。目をほそめながら、クライアントさんの言葉を聞いていた私です(*^^*)

 

長くなりましたが、こういう感じのことを、5月10日のハートサークル主催のショートセミナーでお話いたします。

パニック障害に悩んでいらっしゃる方、身近にそういう方がいらっしゃる方など、どうぞいらしてください。

パニック障害を経験した者として、情報や、効果のあるアプローチについてご紹介させていただいて、ご自身がピンとくるものを選んでいっていただける一つの機会になればいいなと思っています。

お席に限りがありますので、お早目にどうぞ。

↓お申込みフォーム↓
http://ws.formzu.net/fgen/S28164825/

 

今回も最後まで読んでくださってありがとうございます~☆

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
東京での対面セッションを4月13日から受け付けます。(場所:表参道、神楽坂)

滞在期間中、富山にも行きまーす(富山市)

スカイプセッションは世界どこからでも、ご自分がリラックスできるスペースから受けれられます。

セッションにご興味のあるかは、こちらからどうぞ。みなさまとお会いできるのを楽しみにしています。

 

ブログランキングに参加しています。クリックお願いします!

メンタルヘルス ブログランキングへ


No Replies to "パニック障害の症状へのアプローチ&おまけもついてきます!"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.