緊張も努力もいらない ~思考と呼吸~

こんにちは!

8月になりましたね!
2日、3日と2日間のインテグレイテッド心理学基礎講座でした。
参加者の方からは、「この心のしくみを知っているのと知らないのとでは、自分の反応の仕方が全然変わる!」、「1日目が終わって帰ってから、普段ちょっとイラっとすることも、違って見えた。楽でした。」などの声が聞かれました。こちらの心のしくみのことやフィードバック等々はまたお伝えしていきたいと思います。

さて、前回宣言(?)していたとおり、前回に引き続き、思考や感情・感覚が「自分のものかどうかを見極める」過程の方法について書いてみたいと思います。

前々回前回と書いてきていますが、思考が感情や感覚を引き起こす反応の元となっているので、思考と自分との間に隙間ができれば、反応として起こる感情、感覚とも距離が置けるようになるでしょう。そういう意味で、「思考」や「感情・感覚」との隙間を作ってくれるのに役立つ方法と言っていいかもしれません。(「ぴったりくっついている状態」を「離れている状態にしてくれる」ということですね)

ズバリそれは、「呼吸を意識すること」あるいは、「呼吸を観察すること」です!

えっそんな簡単なこと、と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、全身全霊で、「意識する」、「観察する」んです。

また、意識する、や、観察する、なので、判断も、うまくできているかどうかのチェックも、これをすれば〇〇になるという想定や予測もする必要なしです。

改めて、意識するんです。観察するんです。

 

吸う息が鼻に入ってくる感覚

それとともに胸がどれぐらい、また、どれぐらいの時間をかけて膨らんでいくか

膨らむ際の胸のあたりの張りや肩の微細な動き

口からでる息の微妙な圧力、唇の感覚

かすかな音がでているかもしれませんね

膨らんでいた胸は吐く息とともにどんな風になっているでしょう?

肩や背中が動いているかもしれません、どんな風に、どんなスピードで動いているでしょう?

吐く、から、吸うへ変わるその瞬間

・・・・・・・・などなど、、、、

観察できましたか?

じゃぁ、観察モードから普通モードに戻って、呼吸を観察していた時の、流れる思考はどんなだったでしょうか?感情や感覚と自分との距離はどんなだったでしょうか?心の状態はどうでしたか?

 

私がパニックアタックがくるのに怯えていた頃は(そういう時は、感覚的に視野が狭くなって、不安がぐわんと押し寄せてくる感覚でした。)、呼吸も浅くなって、呼吸がしづらくなる(深く吸いたいけど吸い込めないような感じ。それでまた焦る)感じでしたので、今日ご紹介した「呼吸を意識をする」ことができない状況があるかもしれません。そういった感覚や感情が大きい(高い)場合は、まずは、EFTで「呼吸がしづらい感覚」や「焦る感じ」、「押し寄せてくるような不安感」をまずは解放することをした方がよいでしょう。

自分が安全で安心した環境にいる時に、この呼吸を意識すること、観察することを、短い時間で1日に何度もやることで、「思考と離れること」が経験としてできるようになってきます。そうするとパニックになるかも、と思いがわいたときにも、「呼吸を意識すること」や「観察すること」がもっと自然とできるようになり、同時にその時には、もうその思考(パニックがくるかも、という思い)から自由になっています。

簡単ですし(呼吸はいつでもしてますからね)、思考ぴったりの状態から隙間を作ることをしてくれますので、是非試してみてください♪

過去に書いた記事「思考から自由になる瞬間」も参考にしてください。

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます☆

いくつか8月、9月の予定などについても下記に記載しております。併せてご確認ください。

ブログランキングに参加しています。クリックお願いします!

メンタルヘルス ブログランキングへ

 

★夏休み明けでの開催のご依頼があったので、9月14日(日)に、EFT講習会(10:30~13:30)イメージタッピングセラピー体験会(14:00~17:00)を開催します@ロンドン。
EFT講習会は残り2席、イメージタッピングセラピー体験会は、残り3席となっております。ご興味のある方は是非どうぞ。

★ロンドンでの対面セッションは、ハートサークルの活動などのための日本への一時帰国のため、9月22日(月)~12月初旬までお休みとなります。この間、スカイプでのセッションとなりますので、ご了承ください。

★11月30日に東京にて「次世代の癒しシンポジウム」が開催されます。
次世代を代表する、マトリックスリインプリンティング、メタメディスン、NES、シーターヒーリングという4つの癒し技術が、エネルギー、ストレス、私たちの思いがどのように心と身体に関係しているのかを解説。各癒しの技術に携わる第一人者から、症例も交えて説明があるそうです。
私もチケット予約しました!


No Replies to "緊張も努力もいらない ~思考と呼吸~"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.