クライアントから引き出す・私から引き出す

今日は、ロンドンカウンセリングコースの勉強会でした。7期生が企画をしてくれました。(ちなみに私は4期生)

私たちカウンセラーは、クライアントさんが全く気づいていない思いを引き出す、それだけ。
クライアントさんが全く気がついていないものを引き出したときに、本人から引き出しているから本人がわかる。
それは、カウンセラーが「こうこうこうじゃないですか?」とカウンセラーのフィルターを一切はさまないってこと。
ただひたすらに、クライアントさんが解釈し、経験している「心象風景」を再現させ、緻密に「全く気づいていないもの」探しを一緒にしていくだけ。

普段気付いていないからこそ、気がついた時、意識化できたときの「変化」ってのは大きいのよ。
今まで知らないプログラムで動いていた人生が、プログラムに気づいて、変えたければ変えることができて(セラピーのテクニックなんかでね♪)、全く違う人生を体験することになるってこと。

これが「ザ☆変化」

ところで、「カウンセラーのフィルターを一切はさまない」ようにするの、どうするか知ってます?

ふふふ。

私のフィルター(解釈)を生み出す「全く気づいていないもの」を見つけて、癒すことをするんです。
つまり、ただひたすらに、私が解釈し、経験している「心象風景」を再現し、緻密に「全く気づいていないもの」探しを自分でするのです。そうクライアントさんにするのと同じ。

フィルターとか解釈とか、制限とか基準とかから限りなく自由になってると、クライアントさんの「全く気づいていないもの」探しが100%クライアントさん主導になるのよね。

そういう意味で、今日の勉強会は、改めて、対クライアント&自分の「気づいていないもの」の引き出し方をがっつり学んだ1日でした。

自我のストーリーを癒すのがカウンセリングやセラピーだけど、それらによる癒しが進むと、本当の自分の声(ハートの声)がもっともっと聞こえるようになって、「分離したと勘違いした感覚」が薄まって、「自我がある」と思っていたのが、あれれ??ってなって、「あれれ?それじゃ自我のストーリーは誰のもの?」ってなって、、、このあたりは私の体験を通してさらにさらに深めていきたいなと思いました。

純粋に、今日はた・の・し・か・っ・た!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講師は、溝口あゆかさん

ブログランキングに参加しています。クリックお願いします!

メンタルヘルス ブログランキングへ


No Replies to "クライアントから引き出す・私から引き出す"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.