感情を探ってみる

こんばんは~ 日本は日付が変わったところです。

3日~5日のいわき市でのEFTプラクティショナーコースが終了しました。

今回の参加者は16名。

コース中に出る質問のレベルも高いし、「自分の中にあるものとちゃんと向き合うよ」という姿勢がありありと感じられ、そして、最終日にみなさんの感想をお一人ずついただいたのですが、もう感動して涙をこらえるのに必死でした。

普段「感情」についてあまり考えたことがないですから、「感情解放って何?」の状態の1日目から、講義、ペアワークを通じて学びが深まるにつれて、3日目には、肩こり、腰の痛みといった慢性の身体の症状をEFTのタッピングしていくうちに、感情をキャッチして、解放することができるようになるのですから、すごいことです。素晴らしい3日間でした!

EFTのコツは、ちゃんと、自分の感じている感情や感覚が拾えていて、それに集中しながら、タッピングをして、物理的に気をまわしながら、解放をしていくこと。

私たちは、[思い]-[感情]-[(身体)感覚]で形作られていますが、EFTがターゲットにするのは、「感情」と「(身体)感覚」。

そして、この感情と感覚が解放されると、自然と「思い」も変化するのですよ。

今回のコースでも、

◎上司の態度にイライラする→なんか別にちゃんとやっていける感じがする、

とか、

◎Aさんの言葉に辱められた→あれ?そんなに腹が立たない、大したことじゃないかも、

という風に、自然に無理なく変わっていきました。

 

普段、私たちは「感情」についてあまり考えていません。

そこでひとつ提案☆

様々な「思い」や「考え」が頭の中を流れた時に、ちょっと立ち止まって、その思い一つ一つに対して、

・こう思っている時に感じている気持ちは何かな?

・どういう感情がくっついているかな?

・そう考えて、どんな感情が湧いてきているのかな?

と自分に問うてみてください。

それは、怒り?悲しみ?不安?焦り?失望?絶望?諦め?無力感?空虚感?罪悪感?後悔?喪失感?・・・・・???なんでしょう??

これは、自分の中に起きていることです。

ちょっと立ち止まって、自分の中に起きる[思い]-[感情]-[(身体)感覚]の作用を探ってみるのはどうでしょうか?

そう、見ないようにしたり、感じたりしないようにしたり、紛らわしたしないで、ちょっと親しむつもりで、ちょっと自分に近づくつもりで。

この一歩が大きな変化をもたらすんですよ。

いわき市での3日間の感情の解放による変化がそうであったように、それは証明済みなのです(*^^*)

 

今回も最後まで読んでくださってありがとうございます~☆

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
◎5月、6月の対面セッション受付ております。
5月の予約はかなり埋まってきています。ご希望の方はお早目にどうぞ☆

◎釜石での無料つぼトントン(EFT)セラピスト養成講座開催!(5月16-17日)
日常のストレスケア、震災のトラウマの解消に役立つ、簡単で安全なテクニックが2日間で学べます。疲れない支援をしたいと思っている方にもぴったりのコースです。
また、期間中、無料で個人セッションも受けられます。つぼトントンセラピー(EFT)を試してみたい方、疲れやストレスの解消の仕方を知りたいかたどなたでも受けられます。
↓詳しくはこちら↓
http://heart-circle.com/therapistcourse-kamaishi1/ 

ブログランキングに参加しています。クリックお願いします!

メンタルヘルス ブログランキングへ


No Replies to "感情を探ってみる"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.