感情解放セラピー 「EFT」について ★講習会も開催~!(2/9)★

こんにちは!
立春も過ぎましたね。ロンドンも日が少しずつ長くなってきています。

私は約8ケ月ぶりの日本行きのフライトをとりました。今回はちょっと長めの1ケ月あまりの滞在となります。TREのケーススタディもやりたい!なんらかの勉強会とかも開けたらいいな、と妄想が走っております、ふふふ♬

さて、今回は、私がセッションでも使う感情解放セラピーテクニックでもある「EFT」(Emotional Freedom Technique)について書こうかなと思います。今回、2月9日に、こちらのセラピーの講習会を開催いたします。定員までまだお席の余裕がありますので、ご興味のある方は是非どうぞ。こちらから→

EFTは、東洋の気の思想と、西洋の心理セラピーを統合したテクニックで、「エネルギー心理学」に分類されます。アメリカ人のセラピストゲリー・クレイグ(Gary Craig)によって開発されました。

トラウマ的体験や精神的・身体的な苦痛、ストレスを経験すると、体の中のエネルギー(気)がブロックされ、滞ってしまいます。そのエネルギーの滞りが原因となり、感情的なバランスを崩したり、身体に症状となって現れたりします。(これが例えば、気分が落ち込んでしまう、不安だ、イライラする、疲れが取れない、眠れない、食欲がないなどなどの症状ですね。)

EFTでは、体の所定のつぼを軽く刺激していくことによって、体の中にブロックされていたエネルギー(気)の流れがよくなり、そのことによって、トラウマや、不快な記憶、身体症状、ストレス、ネガティブな感情を解放することができるというセラピーです。ここロンドンでも、東日本大震災以来、被災地の方に直接関わって、支援をされている方がたがたくさんいらっしゃいます。その方たちが被災地の方の支援、交流をされていく中で、被災時の話や、被災者の方がどれだけ大変な苦労や心の傷を負われたかなどを耳にされる中で、支援をされている方たちも、疑似体験をするような感覚になったり、聞いたお話があまりにショッキングだったために頭から離れなくなり眠れなくなった、などという声も聞かれます。

1月初めに、「支援されている方を支援する」、また、「支援されている方の心のセルフケア」を目的として、EFTを紹介する会が開かれました。
ある参加者の方は、被災者の方から、津波のためにたくさんの方が犠牲になられた際の詳細な話を聞かれて、その話がそれ以来頭から離れず、絶えず自分がまるでその場にいてその状況を見ていたかのように、頭の中が自分が描く映像で一杯で苦しい、とおっしゃっていらっしゃいました。
EFTでは、今感じている感情、感覚、またある記憶にまつわる感情、感覚といったものにも使えます。(出来事は過去に起こったことであるけれども、記憶はそのままで、記憶に関わるネガティブな感情を解放できます。)

この方は、この話を思い出すと「頭の上あたりがきゅーと重くなる」とおっしゃいました。EFTを使って、「きゅーと重い感覚」に意識を集中させながら、顔、胸周辺、手などの主要なつぼを軽く刺激していきます。(所定のフレーズを作り、口頭でいいながらつぼの刺激を行っていきます。)刺激することで、思考とネガティブな感情の関係を効果的に断ち切ります。

この「きゅーと重い感覚」が低まってくると、今度は「怖い」という感情がでてきました。今度はこの「怖い」という感情に意識を集中しながら、つぼを刺激していきます。深呼吸もとっても大事な要素なので、つぼの刺激をしながら折々にはさんでいきます。初めは、緊張した感じの顔や体が、EFTの過程が進むうちに、表情や体の感じが変わってくるのがわかります。何らかの思いや感情、感覚がなくなるまでEFTを行っていきます。

終了後に、話を思い出してどんな感覚になるか、あるいは、頭の中にまわっていた映像がどんな風に見えるかについて、
「EFTをやる前は、フルカラーで悲惨な状況が目の前に映し出されていて圧倒されるような感じだったのが、今その映像は、新聞の白黒のスクラップになっていて、映像の動きとは違い、白黒のイメージがパッパッと切り替わる感じ」「頭や胸のあたりの重さも軽くなった」とおっしゃいました。

さらに、「私、幼少期と20代前半に溺れかけたことがあったんです」とおっしゃいました。
この方の場合、過去の水にまつわる思い(体験、記憶が起因)が元々あったところに、被災地での津波での災害の話が引き金になって、現在の感情的、身体的な反応となって表れた、ということです。ご自身も、自分が反応した原因がわかって、「納得できるし、原因がわかったことで楽になれました」とおっしゃっていました。EFTの特徴として、EFTをやっていると、今まで全く忘れていた記憶がぽーんと出てきたりもします。そうするとこの後は、今度またご紹介する「マトリックス・リインプリンティング」というセラピーを使って、記憶をポジティブ、調和がとれたものに塗り替えるということもできます。

さて、この会からしばらくたってその後のことをお聞きしたところ、「自分でもEFTを日常生活に取り入れて使っている」、「被災地で聞いたこの話は新聞のスクラップ状のままで、今の自分の生活に影響を与えていない」、とのことでした。EFTは安全、簡単で、効果が迅速で、恒久的に続きます。(EFTをやると、自分自身で効果がわかるので、やっていても面白い、やりがいがあると思います♪)

ストレス、イライラ、不安、落ち込み、肩コリ、腰痛などにも使えるほか、様々な感情の解消、悪癖の改善、集中力や自信を高めたりすることにも効果があります。私のセッションでもよく使っておりますし、今回開催する講習会に限らず、どんどんみなさんにご紹介する機会を増やしていきたいと思っています。

ご興味のある方は是非どうぞ!
※当ブログへの掲載について、EFTを体験された方からの了承をとって、掲載しています。
今回も読んでくださりありがとうございました~☆


No Replies to "感情解放セラピー 「EFT」について ★講習会も開催~!(2/9)★"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.