数式の分解=カウンセリングセッション

こんにちは!
ロンドンはもはや季節がわからなくなってきました。これから夏でしたっけ?夏は本当にやってくるのかぁっ?!

私は、週末はボスニアの強制収容所に収容されていた方たちにEFTとマトリックス・リインプリンティングを使って、トラウマの解放プロジェクトの活動をされたキャロラインさんのワークショップに出たり(溝口あゆかさんのサイトにインタビュービデオが掲載されています。ご参考にされてください)、EFTとアートセラピーの融合から生まれた「ピクチャータッピング」のトレーニングに参加したりしていました。ピクチャータッピングについては近いうちにまた書いてみたいと思います。

さて、よくクライアントさんの中で、潜在意識にあるものを見るのがこわい、自分の中からでてくる感情に圧倒されたらどうしよう、とおっしゃる方がいらっしゃいます。ドロドロとした自分でコントロールができないものがでてくるのでは、と思われている方がいらっしゃいます。今日は本当にそうなのか?といったところを書いてみたいと思います。

意識上にある思いって、例えば、仕事や人間関係がうまく行かない、自分は嫌われているんじゃないかな、○○さんを許せない、○○をした自分が許せない、どうせお金(能力、時間など)がないからだめだ、など。

意識上で感じている思いは、自分に厳しかったり、誰かを責めていたり、嫉妬していたりするので、ずーと頭の中に上記の言葉(厳しい言葉、責める言葉など)が流れている状態です。この状態の時がとってもつらいのです!そして、そういう自分と向き合うのは、イヤな感じがしますよね。すごーく嫌っているわけですから。

つまり、自分で自分を見ているイメージは、「うまく行かない自分」、「他人に受けいれられない自分」、「許したくても許せないひどい自分」、「手に入れたいものをいれられていないダメな自分」などなどな感じでしょう。
私たちが苦しむのは、自分でこうしたい、こうなりたいと思っているのに、そうならない、なれないから苦しくなるのです。それじゃ、その、そうならない、なれない理由が何なのかを探ってみましょう!というのがカウンセリングです。
理由は、ある過去に体験した出来事や、誰かに言われた言葉だったり、育ってきた環境だったりにあるだけで、自分にとってよく思いあたる場面です。

そして、その出来事や言葉などに、思いや感情が結びついているために、ポジティブな自分のイメージ、ネガティブな自分のイメージが作りだされているだけです。

以下、例を挙げると、
絵を先生に褒められて(出来事、体験:理由)+とっても誇らしかった(思い)、うれしい(感情)=クリエイティブなことをやっている自分は好き!と思っている自分(→体験する世界:お金がなくても絵を描くという自分の好きなことをやれる)
お母さんに抱っこをせがんだけど嫌な顔をされて(出来事、体験:理由)+私はいらない子なのかもと思った(思い)+悲しい(感情)=親密な関係を望むけれど、どうしても怖くなってしまう自分(→体験する世界:人づきあいがうまくいかない)
大きな観点で見るとポジティブもネガティブもなく、どちらの自分像(イメージ)も真実ではないんですけど、ここはちょっとその次元の話は無視して^^、ポジティブな自分像(イメージ)であれば、自分に力を与えてくれますから、ネガティブなイメージについて取り上げてみます。

上の数式で、
+私はいらない子なのかもと思った(思い)+悲しい(感情)」の部分が解消されれば、
お母さんに抱っこをせがんだけど嫌な顔をされた」という出来事だけが残り、
親密な関係を望むけれど、どうしても怖いと思っている自分」という解もでてこないですよね?
思いや感情を解消するのにEFTなどの感情解放セラピーを使う訳がここにあります。

感情や思いは、元々はエネルギーですから、滞っていること自体が不自然な状態です。なので、滞りをほぐせば、どんどん解消されます。
ほいじゃ、この解消された部分に何を代わりに入れていくかというと、ズバリ「自己愛」です!
「自己愛」っていうアイテムがあるわけではありませんよ~。こうやって自分の中にある理由を探って、感情や思いに寄り添ったり、滞りをほぐしたりしていること自体が「愛」だと思いません?自分を大事にしているって思いませんか?
さらに、理由である出来事「お母さんに抱っこをせがんだけど嫌な顔をされた」についても、マトリックス・リインプリンティングを使うと、全然違うイメージに塗り替えることもできます。

そういう意味で、ネガティブな自己像に苦しんでいるとしたら、理由を探って、思いや感情を解放することによって、全然違う自分像(違う解)を得られる、ということです。そして、より愛のエネルギーに満ちた自分像を得た方がより生きやすいと思うのです。
自分を変えたい、なりたい自分になるためには、どれだけ自分を知り、理解し、受け容れられるか(=自己愛を増やしてくプロセス)だと思います。

あれれ?もともとの数式はいまや「愛+愛=愛!!」
今回も読んでくださりありがとうございました~☆


No Replies to "数式の分解=カウンセリングセッション"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.