相手を変えようとしている時は自分からも奪われている

相手にどれだけ自由を与えられるか、
相手がどんな行動をしようとも、どんな感情を抱こうとも

でもそれは翻せば、自分にどれだけ自由を与えられるか、ということ

 

相手がどんな行動や、どんな感情を抱いたとしても、それは相手の仕事だから
それ以下でもそれ以上でもなく  正しいとか、間違っているとかでもなく

 

とやかく言いたくなったり、批判したり、正したくなったりするけれど、おっと、それは私の仕事じゃなかった
あなたの思いや感情や行動は、あなたの中で起こっていることだから、そう、私の仕事じゃない

あなたから奪っていた自由を、あなたに100%与えるよ

 

あれ?じゃぁ、このとやかく言いたくなったり、批判したり、正したくなったりするこの衝動はどうしたらいいの?
おまけにこんなにいや~な気持ちもわいてきちゃうし

 

えーと、これは私の中に湧いてきているんだから、誰の仕事だ?

自分だから、、、私の仕事だ!

 

とやかく言いたくなったり、批判したり、正したくなったりして出てくる、イライラとか、焦りとか、寂しさとか、嫉妬とか、諦めとか

これらの感情の面倒をみるかみないかの選択も含めて、100%私に自由を与えるよ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はこんな感じで境界線ベースの話でセッションが進みました。

 

ネガティブな感情を生み出している表面上の解釈(思い)から、さらに探って、普段全く意識をしていなかった「思い込み」にも気づかれました。

 

この「思い込み」を通して判断し、解釈し、感情を経験して、相手を変えようとしていたんだ、と気づかれたんですね。

 

相手に自由を受け渡し、自分にも自由を取り戻す

「思い込み」を解放すれば、

このがっしり自分の中にあった「思い込み」に頼る必要がなくなって、自分の本当の声が道しるべとなります。

そして、この声はとってもシンプルで(だって、恐れとか、守るものが、もはやないからねー)、

相手への条件付けが限りなくなくなっていて、つまりは、愛ベースの行動になってる。

 

生きづらいか?生きやすいか?って言ったら、生きやすいよね、これ

 

こんな風に変れたらいいなと思われている方、日本に帰国中は、都内(表参道、神楽坂)での対面セッションを行っています。

パニック発作・障害、不安症、恐怖症のセッションも受け付けています。

スカイプは通常通り受け付け中。世界どこからでも、あなたのリラックススペースからどうぞ。

お問い合わせはこちら

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

◎5月10日(土) ハートサークル主催ショートセミナー:「パニック障害 スッキリ克服の秘訣~発作・予期不安への対応」 パニック発作・障害で悩んでいる方、身近にそういう方がいらっしゃる方など、是非ご参加ください。お申込みまだまだ受け付けています。

↓お申込みフォーム↓
http://ws.formzu.net/fgen/S28164825/

◎釜石での無料つぼトントン(EFT)養成講座開催!(5月16-17日)
日常のストレスケア、震災のトラウマの解消に役立つ、簡単で安全なテクニックが2日間で学べます。疲れない支援をしたいと思っている方にもぴったりのコースです。
また、期間中、無料で個人セッションも受けられます。つぼトントンセラピー(EFT)を試してみたい方、疲れやストレスの解消の仕方を知りたいかたどなたでも受けられます。
↓詳しくはこちら↓
http://heart-circle.com/therapistcourse-kamaishi1/

 

ブログランキングに参加しています。クリックお願いします!

メンタルヘルス ブログランキングへ


No Replies to "相手を変えようとしている時は自分からも奪われている"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.