パニック発作で死ぬことはない理由~パニック障害について~

パニック障害は パニック発作から始まる

パニック障害は、突然、パニック発作に見舞われることから始まるのが通常です。

パニック発作は、急激で、全く予期せずに起こり、体の反応を伴って経験されるので、

・自分がコントロールを失ったように感じたり、
・狂うのではないかと思えたり、
・このまま死んでしまうのではと強い不安を抱かせます。

でも、どんなにそう感じられたとしても、パニック発作で死ぬことはありません!

 

と、ちょっと話が飛躍しますが、

例えば、歩いていて突然クマに出くわしたら、あなたはどんな風に反応するでしょう?

どうやって逃げようか? どうやって気づかれないようにしようか?

心臓がドキドキし、手のひらに汗がにじみ、血圧は上がり、呼吸は早くなり、めまいやふらふらとした感じがする、、

と、生命を危険から守るために、即座に体が反応するはずです。

 

突然目の前にクマが現れたら??その時の、体の反応と、体の中で起こっていることは??

◎心拍数が上がって、心臓がドキドキする

危険にさらされた、闘うか逃げるかの場面では、血液と酸素を体に早く、多く送る必要があるため、それに従って呼吸も早くなります。それによって、ため息、あくび、息がしづらい感じがしたり、時には胸のあたりに痛みを感じることもあります。

また、頭への血流が減少します。なので、めまいがしたり、現実感がなくなったり、体が熱く感じられたりするんですね。

◎血の気がない感じがしたり、肌が冷たくなったり、指やつま先がしびれたようになる

血液は、生命を守るのに必要な大きな臓器や筋肉に再配分されます。逃げるか闘うかの反応に必要な部分に送られるんですね。これによって、肌や末端の指、つま先に行く血流が減ってしまうことから、これらの部分が冷たく感じたり、しびれたように感じたりするわけです。

◎汗がでる

敵を前にして、汗を出すことで肌を滑りやすくして敵に掴まれにくくしています。また、発汗によって、体が熱くなりすぎないようにもしているんです。

◎視野がぼんやりしたり、目の前に点が見えたり、視界が明るすぎると感じたりする

瞳孔を大きく開くことで、周りの様子や、危険がないかどうかを確認しやすくしています。

◎口の中が乾いたり、吐き気がしたり、腹痛がする

より多くのエネルギーを、逃げるか闘うかの反応に使うため、消化のための機能をおさえます。これにより、唾液の分泌量が少なくなるので、ドライマウスになったり、吐き気や腹痛が生じたりします。

◎体に緊張や痛み、震えが生じる

逃げるか闘うかの反応をする際に、当然、筋肉に緊張がかかります。それが、時には、痛みに感じたり、震えとなって現れます。

 

と、こんな風に危険に遭遇した時に、私たちの体の中ではこんなことが起こっているんです。
そして、この危険に対する防衛反応は、私たちが生存するために自然に備わっている反応、システムで、危険と感じたら、とっさに、闘うか/逃げるかの反応として機能するんですね。

この反応ができるおかげで、生命の危機を感じたときに、慎重に行動ができたり、その場の環境に適応ができたり、突然の脅威に対応できたりするんですね。大切な反応です。

ここまでは、防衛反応の体の反応をみてきました。

 

ところで、パニック発作の時って、同じ体の反応をしている、ということにお気づきでしょうか?

 

つまり、

 

パニック発作の時の体の反応は、「防衛反応」として体がとっている反応と同じ、なんです。

 

私たちにもともと備わっている防衛反応と、

パニック発作時の反応が同じであるならば、

この反応で、命を失う、ということはないですよね。

 

これが、「パニック発作で死なない」と言われる所以です。

 

パニック発作時のあなたの「体の反応」はどこも間違っていませんし、

「パニック発作=(イコール)命の危機」

ではないのです。

 

でもでも、パニック発作が、「体の反応としては正常」と言われても~~

それでも、このパニック発作、困りますよね~~。

 

何故困るのか?

それは、パニック発作は、まるで、

煙がでてもいないのに、火災報知器が鳴ってしまう

状態だからです。

 

つまり、パニック発作は、

危険がないにも関わらず、「危険だ~!」と「誤作動」して体が反応する。

 

この誤作動としての体の反応~パニック発作~ がなぜ起こるのか?

その理由については次回書きますね♪

 

ちなみに、パニック発作を経験した後に起こるのが、予期不安です。

これはパニック障害の大きな特長です。

予期不安は、火災報知器の音そのものに恐怖を感じているようなもの

・つまり、危険がないにも関わらず、防衛反応として体の反応がでることによって、強い恐怖感を感じてしまう(「心臓発作なのでは?」、「正気を失うのでは?」など)

・そして、この誤作動(発作)がまた起こるのではないかと不安を抱くようになり、

・強い恐怖を感じた経験をもとに、危険がない場所や状況であるにも関わらず、「危険な場所」、「生命にとって大変なことが起こる状況」と誤った解釈や認識にすり替わってしまう

んですね。

 

 

予期不安の延長にある広場恐怖

そして、この予期不安により、助けを得られない状況や、すぐに逃げることができない場所を避け始めます。これが、「広場恐怖」です。この広場恐怖も、パニック障害の特徴の一つです。

 

今日は、パニック発作の時の体の反応は、私たちに備わっている防衛反応と同じであって、正常な反応として起こっている、というお話をしてきました。

体の反応としては何ら異常ではない、ということです。

異常ではないので、ひどく恐怖感をもつ必要もないし、自分がおかしいのでは?と自分を疑ったり、責める必要もないんです。ちょっと、肩の荷がおりませんか?深呼吸してくださいね。

死への大きな恐怖を感じてしまうようなパニック発作ですが、体で起こっている反応が本当は何なのかを理解しておくことは、安心感につながりますね。

こちらの記事もご参考にしてください。
*パニックアタックから予期不安の流れを断つ方法について:
http://panic-disorder-counseling.com/pa-pd-brain/

 

今回も最後まで読んでくださってありがとうございます~☆
(現在、ブログサイトの更新中で、うまくリンクが貼れていません。お手数ですが、コピペして開いていただけますと幸いです。よろしくお願いいたします<(_ _)>)

 

☆10月25日(日)開催の「パニック障害スッキリ克服の秘訣セミナー」まだ若干お席あります。
http://hiroko-shimotaya.com/pd-seminar-151025/
パニック障害のメカニズムについて知りたい、パニック発作や予期不安に有効な対処方法を知りたいと思われている方、是非お越しください!

☆10月26日(月)から、また日本での対面セッション再開します。場所は表参道のスペースでとなります。みなさまとお会いできますこと楽しみにしています♪

ブログランキングに参加しています。クリックお願いします!

メンタルヘルス ブログランキングへ


No Replies to "パニック発作で死ぬことはない理由~パニック障害について~"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.