ロンドン日本クラブでの「自分でできるこころのセルフケア」講習会 好評に終了しました!

こんにちは!

3月25日に日本に到着しました。3月はなんだか「駆け抜けた!」という感じで、いろいろな経験をさせていただきました。今更ながらですが、記録として残しておきたいので、ブログの記事で投稿いたします。

3月21日は、ロンドンにて、在英邦人の健康管理、文化活動、日英交流活動を行っている日本クラブの会員向けサービスの一環として、会員、会員の家族を対象に、「自分でできるこころのセルフケア」と題して、日常のストレスケアに役立つ「感情解放テクニック EFT」の講習会の講師を務めさせていただきました。普段は3~4時間使う講習会を今回は1時間半という限られた時間だったのでぎゅっぎゅっと要点を絞り込んだ内容の会を目指しました。

どれぐらいの参加者なんだろう?と当日行くとなんと33名!最高齢の方は82歳で在英40年以上という方もご参加くださいました。

「感情解放」といっている「感情」って何?というところから始めていきます。また、自分が不快だなと感じる感情は普段どうしていますか?という質問をすると、「美味しいものを食べに行く」、「テレビを見る」、「早く忘れようとする」などの回答がでました。そこで、感じないようにした感情はどこへ行くんでしょうね?という風に進めていきます。

いつもお伝えするのは、EFTは感情を解放するテクニックでもあると同時に、私たちが誰もが普通にやっている嫌なものは見ないようにする、感じないようにする(「抑圧」)感情や感覚を、あえてちゃんと取り扱ってあげるツールですということです。なぜなら、ポジティブもネガティブも全部ひっくるめて持っているのが全体としての自分なので。(結構この、ネガティブな感情を扱うという点が新鮮だったと今までの会でもフィードバックをいただきます。)

統合vrsn

講習会では、EFTのやり方を説明している途中からもたくさんの質問や、ご自分が経絡を刺激してみての感想や意見がでるなど、活発な会になりました。

以下は今回の会のフィードバックとしていただいた声からの抜粋です。大方の方に「満足」と回答いただきました!

【セミナー満足度】(大変満足、満足、普通、不満足、大変不満足の5段階)
回答数30(大変満足14、満足15、普通1、不満足0、大変不満足0)

「もっと長く時間が取れれば良かった」、
「自分の気持ちをヘルシーにすることを目標に教えて頂いたことを試してみようと思う」、
「皆さんが積極的に質問してくれて、先生が一つ一つ丁寧に回答してくれて雰囲気のよさもセミナーの主旨によく合っていて良かった」、
「科学的な裏付けがあるとのことで、こころのセルフケアの方法として是非とり入れていきたい」、
「ネガティブな感情を解放することで心の健康を目指したいとも思う。ありがとうございました。」

私自身、30名以上という大勢の参加者の方を前にした講習で、最初の2~3分ぐらいは、「つかみはOKかな?」とか、「みなさんが得ようとしていることをちゃんと汲み取っているかな」などと考えて、手や声が震えたりしましたが(心の中で、TREだぁと叫ぶ! 笑)、それもすぐに止んで、あとは自分のペースで楽しんで進めることができました。このような機会を得られたことに感謝するとともに、みなさんが、ご自分の感情と向き合うツールとしてEFTを日常で使ってくださるといいなぁと思います。

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
被災地のメンタルケアのプロジェクト「結結プロジェクト」の一環で、ハートサークルの一セラピストとして、石巻、いわきに行ってきます。
被災地にて、EFT(現地では、「つぼトントンセラピー」と命名)の体験会、講習会を開催します。
石巻の体験会、講習会は順調に参加者が集まってくださっています。

いわき(4/21、4/22)については、まだまだ募集中です。
下記が詳細となります。お電話、FAX、メールにてお申込みが可能です。
必要とされている方の元に届きますように、ご協力をお願いいたします。
http://www.jksk.jp/j/yyp/yyp_mental.html#ishinomaki
お問い合わせ・お申込み:
認定NPO法人女子教育奨励会(JKSK) 結結プロジェクト事務局 )
TEL:03-5423-6920   FAX:03-5423-6921 Email:aikawa@cre-en.jp
担当:相川ふみ 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました~☆


No Replies to "ロンドン日本クラブでの「自分でできるこころのセルフケア」講習会 好評に終了しました!"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.