Self-Observation -思いや感情を自分と切り離して観る-

こんにちは!
ロンドンもどんどん寒くなっています。近所の園芸店に行くと、大きなクリスマスツリー用のモミの木がたくさん売られていました。街中はクリスマスの準備をする人たちでなんとなく慌ただしい感じがしています。

セッションでクライアントさんのお話を伺っていても、また自分自身を振り返っても、自分の思いや思考や感情と一体化している時は、さらにそれらを増幅して(自分が作ったストーリーが膨らんでいる、感情が大きくなって、飲み込まれているなど)、つらい状態から抜け出すのを難しくしてしまうなーと実感します。

久々に手にしたアンソニーデメーロの「Awareness」を読んでいて、次のようなことが書かれていました。
「あなたが、気分が落ち込んだり、不安な気持ちに苦しんでいる理由は、それらとあなたが同一化してしまっているからです。」
例えば、今「気分が落ち込んでいる」「不安だ」として、最も正確に表現するとしたなら「私は今気分が落ち込んでいることを経験している」、「私は今、不安な気持ちを経験している」となります。

決して、私(という存在)=落ち込んだ気分、私(という存在)=不安ではないですね。
また反対に「うれしい」「楽しい」と感じていたとして、私(という存在)=うれしい気持ち、私(という存在)=楽しい気持ちではないですね。
今「楽しい!」と感じていたとしても、1時間後には、別の感情に変化しているかもしれません。

決して永遠に続くものではないということです。これは、ネガティブ、ポジティブ関係なく、あるものが現れ、また消え、また別のものが現れての繰り返しです。

変化するものにしがみつくと、しがみついている私たちはとっても不安定になります。
例えば、
ネガティブな思いや感情に完全に取り込まれてしまう
ネガティブな思いや感情に抵抗する(見るのがつらいから見ないようにしよう(抑圧)!)、(よくないものだから早く消してしまいたい!)
ネガティブな思いや感情を持つ自分を否定、批判する(こんな感情をもつ私はいけない!)
ポジティブな感覚、感情を与えてくれるものに依存する、執着する(このいい感じをずっと持っていたい!そんな感じを与えてくれる物・人・出来事を手放したくない!)
などで、
空に浮かぶ雲に例えて考えると、現れては、形を変え、そして消えていくものであるのに、それを力づくで押さえこもうとしたり、雲が変化し消えていくものであることを忘れて、雲の中に入っていて「真っ白で何も見えない~!」となってしまっていたり、形のないものをつかみ取ろうとしている感じですね。。。

ちょっと一歩下がって(私の感覚ではstep backする感じなので^^)
例えば、ぱっと怒りを感じたりしたら、怒りながらも(怒ってて全然OKです)、「おっ私の中で怒りの感じが沸いてきてるなー」「おー暴れてる暴れてる」や「なんだか焦っていて駄目だなー、私」という思いが出てきたりしたら「私の中の一部が焦りを感じているなー」「体のどのあたりで感じてるかなー(この感覚を体のどのあたりで経験してるんだ?私)」などと観察すると、感情や思いに巻き込まれたり、どっぷりとその感情や思いを引き起こしたストーリーに漬からなくて済むようになります。

前述の「Awareness」では、
「まるで別の誰かに起こっているかのように、可能な限り距離を置いて全てを観察するということです」
と言っています。

これは、決して冷めた態度や諦めた心持ちで、自分の思いや感情と向き合えというのではありません。
その反対で、この観察する態度においては、それらの感情や思いを喚起することとなった誰かや物事などといった理由(きっかけ)や、またそれにまつわる自分で作り上げるストーリー(自分の解釈)が、限りなく取り去られた状態になるでしょうし、そういう状態で自分の中に沸き起こるものを純粋に経験することができる、ということだと思います。

自分の思いや感情と一体化していて「この状態から抜け出せない」と思っていたり、「誰がどうして、次はこうなって、、、」とあてどない推測や想像に頭の中が忙しくなっている状態が私たちにつらさや苦しみをもたらすのですから。

そして、もし、それでも同じ思いや感情が出てきて振り回される(ぴったり一体化している状態ですね)、同じようなことに反応してしまう、としたら、次は「なぜ自分がそのように反応してしまうのか?」「どんな思いや感情が、自分の中にあるからなのか、またそれは何故か?いつ頃からか?」などと探っていくきっかけになるでしょう。

普段、感情や思いは、自分のものとフツーに思っています。「だって自分がそう思う(感じる)んだもん!これ私のものでしょ!」って。でも、ちょっと一歩下がって、ちょっと一呼吸おいて「観る」ことをしてみると、ちゃんと「感情や思いに気づいていて、観察し経験している」ものがそこにいるはずです。

何かある思いや思考、感情が浮かんできた時に、それらと自分を切り離すことをしてみて、どんな風に変わるか見てみてください♪
今回も読んでくださり、ありがとうございました~☆


No Replies to "Self-Observation -思いや感情を自分と切り離して観る-"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.