症状、状態について話したけど、傷ついた、話すんじゃなかったと思ったあなたに

こんにちは!

パニック障害についての話題や、ニュースなどが報じられたりする中、
私も人に自分の症状のことを話してみようかな、と思われている方も多いかもしれないですね。

周りからの理解が進むとそれはそれで言いやすかったりもしますから助かりますよね。

一方で、思い切って話してみたのだけど、
相手の反応が薄かった、
逆に「なんでもっと努力しないの?」「それじゃ家族や周りが大変でかわいそうね」などと言われて傷ついた、
「私がためなんだ~」と悲しくなったなどということもあるのではないかと思います。

 

今日はこういう時に何が起きているのか?のお話です。

あるクライアントさんは、電車やバスなどの乗り物恐怖があるかたでここ数年乗らずに生活をされている方です。

で、あるお友達と会う約束があるので、思い切って「車で移動をしたい」、その理由として「電車バスに乗れないんです」と話しをされたそうなんですね。

ところがお友達からは、
「克服しようとしていないところが理解できない」
「挑戦しようとしていないあなたにイラっとする」
と言われてしまったそうで、とても傷ついた、ということでした。

さて、ここでちょっとみてみたいのですが、
このお友達の言葉は確かに思いやりがない言葉だったかもしれないのですが、
それでも同じ症状、乗り物恐怖があったても、この言葉に傷つかない人もいるのです。
それはどんな違いがあるのでしょうか?

それは、自分の中に乗れずに生活していることへの焦りや緊張や、自己否定がどのぐらいあるか、なんです。

症状があるときって、私たちは、
家族や、人に迷惑をかけるから早く克服しなきゃ
こういう自分を早く変えていかなきゃ
って思ったりしませんか?

もちろん、このような思いをもつことがいけないことではないのですが、

これらの思いを抱いていることにどれぐらい自分が気づいているか

また、これらの思いを感じながら、どのような感情や感覚をもっているかに気づいていて、
かつそれらがあることを認められているか
で違ってくるのです

ちょっと実験をやってみたいのですが、
早くよくなりたいと思って焦っている自分を認めている、
変えなきゃって今の状態に否定がある自分を受けとめている
そんな風な自分が、
このお友達の言葉を聞いたと想像してみてくださいね

違いがありませんか?

このお友達の言葉が、
「あーこの人の意見なんだな、もしかしたら、この人の方がいつも努力してなきゃって、緊張があるのかも?
だからこの言葉になってるのかも?
それじゃ、この言葉って、私への言葉じゃなくて、この人の中にある単なる思いなんだ~」

みたいな

そうすると自分の中の焦りや緊張、否定感で固くなっていた体もさらに、今緩んでいませんか?

ということは、
相手の言葉が私を傷つけたのではなくて、
自分の思いや感情にどれだけ否定があるか、受け入れがあるか
の違いなんです!!

 

さて、再びクライアントさんに話を戻しますが、
ご自分の中に、焦りや、重たくなる感覚、不安を感じてたんだ、と改めて気づかれていく中で、

「私変わりたいと思っていない
ゆっくり 無理なく 自分のペースで変わりたい それを尊重したい(してほしい)」

という声がでてきたんです

自分から自分への否定がさらに解かれる瞬間ですね✨✨

そして、これは、ご本人にとって一番自然で、しなやかで、力を与えてくれる声でもありますね

 

そして、
この自分のペースを尊重している自分が、
改めて「乗り物」「乗り物に乗る」ということをイメージされてみると

不安感や恐怖感がでてくるかもしれないけど、
今はこういう風に不安がでてきてるんだな~、それだけな感じで、そのことに否定感がくっつかいない

と。
そして、そうおっしゃりながら、たくさんの涙を流されました。。

自分が本当に、不安や恐怖を悪者扱いして絶対感じないようにしてたんだけど、
そんな風にやってきた私が今、抑えていたものを感じてもいいかもって思えるなんて、
泣くことも禁じていた私がこうして泣けるなんて、、、


(このクライアントさんは、2016年8月からずーと受けてくださっている方で、感情や思いを抑圧すると苦しくなるんだよ、という話はずっとしてきたのですが、
今回、ご自分の体験から、「抑圧が苦しみを生む」ということへの本当の理解、気づきを得られた感じでした)

不安感や恐怖感との新たな関係性 ~闘わないという関係性~ のスタートですね✨✨

そしてそれを可能にしたのは、
自分が何を感じているのかに気づかれたからです

そして、
気づけば、
本当の自分の声がでてきたり、
自分にとっての自分らしいエネルギーを感じることを許すことができます

 

それは一番私を大事にしていますし、
私に力を与えてくれますし、
自然と周りへのまなざしもやさしいものにもなります 症状や状態(相手の言葉)に対してですら です

 

*もちろん、EFTなどのセラピーとご存知の方は、
家族や、人に迷惑をかけるから早く克服しなきゃ
こういう自分を早く変えていかなきゃ
にくっついている感情(焦りとか緊張など)を
よーく感じながら(ここがポイントですよ!)トントンして動かしていく、ということでもよいですね♪
本当の自分の声、自分らしさがでてきますよ~

 

深呼吸して~ 自分にやさしく♡

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします♪

パニック障害ランキング

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

パニック発作、予期不安から解放されるためのパニック障害セミナー

◎セミナーについて:https://bit.ly/2GTvxkd

◎開催概要
【日程】2019年3月31(日)
【時間】13:00~15:30
【会場】下田屋寛子セッションルーム
東京都中央区(最寄り駅:都営大江戸線 勝どき駅)
お申込みの方に詳細をご案内いたします。
【参加費】8,000円
【対象者】パニック障害、不安症の方、またそのご家族など
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:http://ws.formzu.net/fgen/S59511152/


No Replies to "症状、状態について話したけど、傷ついた、話すんじゃなかったと思ったあなたに"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.